岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

多治見のお墓でお墓づくり工事

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

今日は、先日私が担当したお客様のお墓づくりの工事をご紹介させていただきます。

 

今回のお客様は、多治見の共同墓地にご実家のお墓が建っており、その隣に今回亡くなられたご主人のためにお墓を建てられたいということでした。

 

ご実家のお墓を弊社で建てさせていただいたことから、石政を知っていただいており、今回そういった縁もあってご依頼いただけたとのことでした。人の人とのご縁に本当に感謝です。

 

こちらが着工前の写真です。ご実家のお墓と同じ寸法で石積みをして、その上に高さをひかえめにしたデザイン型の墓石を建てることになりました。

 

 

まずいつものように土台(石積み部分)の掘削、基礎砕石転圧、基礎コンクリート打設を行います。

 

 

 

次に基礎の上に土台の石を積んでいきます。石を積み終わったら補強のために鉄筋を配筋し、裏側にコンクリートを打設します。

 

 

 

その後、石積みの上に巻石(お墓のまわりの石)を耐震用の接着剤と補強用の金具を使用し据付け、お墓のカロート(お骨をいれる納骨室)、お墓の本体基礎を施工します。

 

最後に、巻石同様、耐震用の接着剤を使用しお墓の本体、墓誌・塔婆立てなどの付属品を据え付けていき、お墓の前に拝石を設置して完成です。

 

写真では分かりづらいかもしれませんが、感謝の文字の両側に彫刻してある花柄は、立体彫りといって彫刻の深さを調整することで柄が立体的に見える彫刻の仕方をしています。

 

お墓のデザイン、彫刻の文字、柄、そして据え付ける位置や高さ、間隔など細かな部分まで、お客様と一緒に何度も打ち合わせをして出来上がったお墓だったので、そのできあがりを見て、なんとも言えない達成感、やり切った感がありました。

 

故人を想いこだわりぬいて建てたお墓ですので、お客様にはこれからもずっと大切に使っていただきたいと思います。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

多治見のお墓でお墓づくり工事

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

今日は、先日私が担当したお客様のお墓づくりの工事をご紹介させていただきます。

 

今回のお客様は、多治見の市営霊園にお墓の場所を持っておられ、今回亡くなられたお母様のためにお墓を建てられたいということでした。

 

打合せを始めてから分かったことだったのですが、実はこちらのお客様は、私の高校時代の同級生のお父様だったようで、打合せの最中も昔話に花が咲きいつもと少し違った雰囲気でお話させていただきました。前回に引き続き世間はホントせまいですね~。

 

こちらが着工前の写真です。頂上部の墓所だったので、お墓の向きが斜面の向きの方と反対の向きの方とそれぞれ見えましたが、やはり南向きのほうが良いとのことで、今回は斜面に背を向ける方向で据え付けることになりました。

 

 

 

 

まずいつものように外柵(お墓のまわりの石)部分の掘削、基礎砕石転圧、基礎コンクリート打設を行います。

 

 

 

次に基礎の上に外柵(お墓のまわりの石)を据え付けていきます。今回は高さが30cm以上の少し高めの外柵で重さもあった(1つの部材が約150㎏~200㎏くらい)ため、カニクレーンで吊り上げて作業をしました。

 

 

その後、墓石、墓誌、塔婆立て、拝石などの付属品を設置し、お墓の前にある側溝にグレーチングを施して完成です。

 

7月の初旬に開眼供養(お墓びらき)を行うのですが天気予報を見るとあまり天気がよろしくないため、少し不安ではありますが今回の開眼供養もなんとか晴れて欲しいものです。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2017年3月22日 水曜日

石敢當の文字確認

こんにちは

石政佐藤石材の佐藤です。

今日は、「石敢當」の石碑の文字の書体と大きさ等の確認にお客様が来店されました。

「石敢當」とは、もともと中国の福建省で発祥した物で、日本では沖縄などで良く見かける

魔よけの石碑です。

お客様が自分で庭に据付たいとの希望でしたので、なるべく軽くなるように、

倒れないように下に重心が来るようにしました。

石の形や大きさに意味はなく、この石敢當と書いたものに意味が有ります。

市中を徘徊する魔物は直進する性質を持っているので、T字路や三差路に

ぶつかると曲がり切れずに向かいの家へ入ってきてしまうと信じられています。

魔物が入ってくるのを防ぐために、石敢當を建てておくと魔物はそれに当たり

砕け散ってしまうそうです。

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

1