岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2020年6月10日 水曜日

仏教の三密とは

みなさん こんにちは

石政佐藤石材の代表 佐藤豊 です。

 

現在猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症。終息するまでは、特に密集・密接・密閉の「三密」に注意して生活する必要があり、弊社でも常時マスク着用や事務所・展示場の常時換気など3密にならないように注意をしています。

 

「三密」といえば仏教にも「三密」があり、こちらは「三つの密が大切」だと言われています。

 

仏教(真言宗)の「三密」とは

①身密(しんみつ) 身=からだ(行動)

②口密(くみつ)  口=くち(言葉・発言)

③意密(いみつ)  意=こころ(考え) を言います。

 

具体的にお話しますと、

①身密とは・・・

◆自分の行動を見直し、大事なものを見極める

◆自分勝手な行動、自分さえよければという気持ちで行動しない

◆一日一回は笑う、手を洗い身を清める

 

②口密とは・・・

◆自分の言動を見直し、正す

◆他人の悪口を言わない、SNSなどに書き込まない

◆うがいをしっかりし、口を清める

 

③意密とは・・・

◆毎日1分だけでも自分のこころを見つめる時間をつくる

◆自分だけではなく他人にも気配りをし、行動に移せることは移す

◆深呼吸をしてこころを落ち着かせる

などです。

 

かたや避けるべき距離の「三密」、もう一方で、守るべき自分の心の「三密」、同じ「三密」でもまったく違いますね。

しかしどちらも生きていく上でとても大切な「三密」です。

 

人と人とは距離的に近くに居なくても、大切な人とはいつも心と心でつながっています。今回のコロナウイルスの影響で、物理的な距離は離れなくてはならなくなりましたが、逆に人の心や気持ちというものは密接でありたいと思います。

 

自分と大切な人、生きとし生けるすべてを守るために、自分ができる事を大切にして、それぞれの「三密」を心に留めて生活していきたいものです。

 

 

 

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年5月29日 金曜日

珪化木のカットと磨き

みなさん こんにちは

石政佐藤石材の代表 佐藤豊 です。

 

突然ですが、みなさん「珪化木」ってご存知ですか?

 

小学校の理科の時間に習ったと思いますが、昔々何万年も前の木材(立ち木)が倒れて土砂に埋まり、地層の隆起によって地面の下の方へと移動すると、地層からのとてつもない圧力を受けます。

そこへケイ酸を含んだ地下水が流れ込み、徐々に木の細胞の中を満たしていき長い期間を経て木の中身が二酸化ケイ素に置き変わったものです。

ケイ酸(sio2)とはケイ素と酸素、そして水素の化合物の総称で土のせいぶんの60~80%を占める成分です。

ケイ酸って普段あまりなじみの無いものですが、実は地球上のあらゆる生物の細胞に入っている物質なんです。

 

で、 「珪化木」は二酸化「ケイ」素に変「化」した「木」なので、珪化木と言います。

 

自分たちの小さい頃は、珪化木の事を「木石」と読んで近くの川へ取りに行った記憶があります。

 

木の中身が二酸化ケイ素に置き変わり、地層からの圧力を受けて圧縮されると二酸化ケイ素は結晶化して、「石英」に変わっていきます。

石英は基本的に白い色の結晶を作るのですが、鉄分などの元素の影響もうけて黒や紫、黄色などの色も出て来るので、様々な模様が生まれます。その中でも無色透明なものは「水晶」と呼ばれとても人気が有ります。

そういった珪化木が多治見市の中央を流れている土岐川流域で採取出来ます。そして土岐川流域で採取されるためか「土岐石」と呼ばれ昔から愛好家が見えるそうです。

聴くところによると、古墳時代には「勾玉」として使用され、江戸時代には「生類憐みの令」を出された徳川綱吉公に献上したところ、その魅力に感銘され「採取禁止令」が出されたとの事です。

 

前置きが長くなりましたが、今回その愛好家さんが土岐石の事を多治見の子供に知ってもらうために珪化木を切って磨いてほしいと依頼に来られました。

こちらがその珪化木です。

左の二つは良く見ると木の切り株の雰囲気が残っています。

これを年輪とかが分かるように縦横に切って磨いてほしいとの事でした。

 

切ることはダイヤモンドカッターで切ればそんなに難しくはないのですが、磨くとなると御影石用の砥石ではうまく磨けるのか心配でしたが、とりあえずやってみてほしいとの事で、カット磨き作業が終了した物が、

こちらです。

心配していたより良い艶がでてホッとしています。

職人さんにやってもらいましたが、荒砥石の跡がなかなか消えなくて何度も磨き直したそうです。途中で見た時に、もうそれくらいでいいんじゃないかと思いましたが、職人さんの意地でここまで仕上げたそうです。

外見からはとても想像できない自然が作り出した美しさに感動です。

子どもたちが、これを見て石の事や地元の魅力に気づいてくれたら苦労したかいがあったと思います。

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年5月28日 木曜日

マスクの寄付

みなさん こんにちは

石政佐藤石材の代表 佐藤豊です。

猛威をふるっている新型コロナウィルス感染症も緊急事態宣言が解除となり、多治見市内でもマスクをかけないで出歩いて人が見かけられるようになりました。

弊社ではお客様との商談時や営業時にマスクは欠かせないので、石材関係の商社さんにお願いして中国から仕入れています。知り合いのケアマネージャーさんからも頼まれて今回は7000枚のマスクを仕入れました。

先日の新聞で多治見市の社会福祉協議会さんがマスク不足で困っているという記事が出ていたのを思い出して、仕入れたうちから1000枚を寄付する事にしてお届けに行ってきました。

後ろにあるのが、不要なマスクを回収するパンダポストです。

社会福祉協議会さんは比較的ご高齢者さんとお会いする事が多いのでかなり気を使ってみえます。私どもも高齢者さんとお会いする事が多いので気をつけて接客などしていきたいと思います。

早くコロナが終息してマスク無しの生活が出来るようになりたいものです。

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年4月3日 金曜日

老年よ大志を抱け!!

皆さん こんにちは。

石政佐藤石材 代表の佐藤豊です。

 

先月発行した弊社の手作り新聞「ありがとう通信14号」でもお話させていただきましたが、今年で62歳の誕生日を迎え、還暦を迎えてからはや2年が過ぎてしまいました。

 

新聞では私が花言葉を調べたような書き方をしましたが、実はあの花言葉は息子がたまたま調べていたもので、「なんか調べてみたら大層な花言葉だったよ」と少し小馬鹿にしながら教えてくれました。

 

この歳になると、何か目標を持つということ自体なかなか難しくなってきますが、まだまだ息子にも負けていられないので、生まれ変わった気分で第二の人生の目標を掲げてみたいと思います。

 

「少年よ大志を抱け!!」ならぬ「老年よ大志を抱け!!」

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年3月10日 火曜日

お墓を建てた感想文をいただきました。

みなさん こんにちは

石政佐藤石材 代表の佐藤豊です。

 

先日ご紹介した「想いのこもったお墓」を建てられた K.H 様から、身に余るお褒めの感想文をいただきましたのでご紹介しようと思います。

いただいた感想文の原本は、こちらです。

内容をご紹介します。

●「数ある石材店の中から、石政佐藤石材をお選びいただけた理由を、お聞かせ願えますでしょうか。」

石政さんが日頃から地域奉仕社会貢献に取り組んでいる会社である事は知っておりました。そんな中昨年「お墓に関するセミナー」が開催されたので参加しました。

我が家には仏壇も無く全く無縁だった自分ですが、昨今のお墓事情とか幅広い法的な知識を教えて頂き大変参考になりました。

今回、父親の死亡で墓を建てるにあたり作成を依頼した次第です。

 

●「お客様の今の気持ち、石政佐藤石材へのメッセージなど、何でもお気づきの点がございましたら、お聞かせ下さい。」

墓というものは今後何代にも維持守っていくものであるという観点から形状にはずい分と留意しました。

全体的なイメージから墓標本体のデザイン周辺まで含めとことん納得できるまで何回も打ち合わせにつき合って頂きました。

そのかいあって予想以上の見事な出来映えで大変感謝致しております。又、工事の過程についても完成後に写真で確認でき、しっかりと工事してある内容に大満足です。

その後に行ったお墓の開眼供養にも親切に準備、ご指導頂き、私共は安心しておまかせする事ができました。

お墓を造るまでの2ヶ月半の間、心の籠ったおつき合いをして頂き、大変感謝致しております。

 

 

K.H様は、亡くなられたお父様の供養にはどんな形がふさわしいか。またこれからお墓を守っていく自分たちにとっても、お参りに来たくなるような形と言う事で、何度も自分で図面を書き直されて持参されました。

又、お墓に彫刻する文字やお花のデザインにもこだわりを持たれ、こちらも何度となく図面を描かれ、線1本の太さにも神経を使ってみえました。

こんなに想いの籠ったお墓が造らせていただけるのは、石屋冥利につきます。K.H様、石政末代までお世話させていただきますので、よろしくお願い致します。

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!