岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2020年9月21日 月曜日

土岐のお墓で開眼供養のお手伝い

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

 

本日、私が担当していたお客様の開眼供養(お墓開き)のお手伝いをさせていただきました。

本日もいつもながら、とてもいい天気となり開眼日和となりました。これでまた無事、開眼の日に雨の降らない記録更新です!!

 

 

こちらのお墓は、愛媛県の大島石という石を使用しているのですが、大島石は花崗岩の中でも群を抜く硬さと、青みをおびた透明感のある石肌で、日本を代表する高級銘石として有名で、石目などにより、特級、一級、二級、カレイの4種類に分けられ、今回は元々建ててあったお墓の石目に近い一級を選ばれました。

 

大島石のなかで、石目のやや大きなものが一級と呼ばれ、時を経るごとに青みが増していきます。墓石材としては関西、中国地方でよく使われています。私も会社に入ってから知ったのですが、地域によっても好まれる石の色合いや目合いが全然違うそうです。

 

開眼供養が終わった後、お客様から「色々としていただいた上、法要の準備までしていただきありがとうございました。」とお褒めの言葉をいただきました。

 

やはり開眼に立ち会う度にいつも、「この仕事をやっていてよかったな」と感じますね!!

これからもよいお墓づくりをしていきたいと思います。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年9月14日 月曜日

石の丁場の見学会に行ってきました!!

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

 

本日は、今後の工事で使用予定の石材の丁場を見学に行ってきました。

 

今回お邪魔したのは蛭川御影石の丁場です。蛭川御影は独自の石肌が特徴で、灯籠、鳥居、建築材、石積みや壁材・塀材・門柱など、幅広い用途で利用されていて、サビ色を持つ石種としても広く認知されているほか、その独特の彫り味から、彫刻向けの素材としても活用されています。

 

実際に初めて丁場を見させていただきましたが、石の白色の部分とサビ色の部分の混ざり具合、サビの色の出方が石によってすべて違っており、それぞれがいい味を出していました。

 

余談ですが、以前社長に聞いた話で、弊社でも初代の頃は採掘や加工が仕事の中心だったため、今回お邪魔した丁場の近くで同じように石をとっていたそうです。

 

今回の工事ではモニュメントととして使用するのですが、どの面を表側に持ってくるのか、どれくらいサビ色が混じったものを使用するかなど、設計士の方を交えてああでもないこうでもないとやっているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

またどんな工事で使用するかは、石政ブログ等でご紹介させていただきますので、楽しみにしていてください!!

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年8月21日 金曜日

お仏壇じまいのお仕事

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

 

先日、お墓じまいの工事でお世話になったお客様のお家で、お仏壇じまいのお仕事をさせていただきました。

 

こちらのお客様は、嫁がれたお姉様のご夫婦が遠くの施設に入ってしまい、なかなかこちらに来ることができないということで、代わりにお墓じまいを弊社にご依頼していただいており、その時に一緒にお仏壇も片づけることはできないかとご相談をいただきました。

 

施設に入られてからも、お姉様夫婦に代わり、お客様が定期的に空気の入れ替えに来られていたそうで、お仏壇もとてもキレイな状態でした。

 

お精抜きは済んでいましたが、お墓、お仏壇の前で手を合わせてからお片付けをするのが弊社の習慣なので、今回も手を合わせてから作業に取り掛かりました。

 

大人2人で軽々持てる大きさだったので、作業は比較的スムーズに進み、無事作業完了しました。

 

お客様からは、「これで少し肩の荷がおりました。またコロナが落ち着いたら姉夫婦にも伝えて来ます。ありがとうございました。」というお言葉をいただき、お客様の不安や悩みを解消するお手伝いができて良かったなと感じました。

 

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年8月13日 木曜日

多治見のお墓でクリーニング工事

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

 

本日、多治見の市営霊園でお墓のクリーニング工事を行いました。

 

前々から頼まれていたにもかかわらず、なかなか忙しく行けるタイミングがなかったのですが、やっと少し落ち着いてきてかつ天気も良かったため、やれるうちにやってしまおう!!ということで本日工事を行いました。

 

 

少し分かりづらいかもしれませんが、墓石の土台石に水勾配が付いていない形だったため、水垢汚れや黒ズミが付きやすい状態だったようです。今回はこの汚れを中心にキレイにしていきます。

 

 

 

ここでちょっとした豆知識ですが、今のお墓は上の写真にように「水はけをよくしたり石のカケを防ぐため」にこういった加工が施されていることが多いです。ちなみに2つの写真の上の写真の加工を水垂、下の写真の加工を亀腹と呼びます。皆さんのお墓にはどんな加工がしてありますか?

 

 

 

 

 

お墓の防草工事も頼まれていたので、玉砂利を一度すき取って、固まる土を施工しました。玉砂利はだいぶ土が混じっていたため一度洗ってから戻しました。クリーニングは建てられた年代も古く、あまり薬液を使いすぎると石が痛む可能性があったため、薬液は通常より薄めにして、極力ブラシと砥石で地道に落としていくようにしました。一部薬液を使えず落としきれない汚れもありましたが9割方キレイになったと思います。

 

この時期お盆休みの方が多いためか、お墓の駐車場にピーク時は十数台の車が停まっている時もありました。作業中に「熱い中ご苦労様」「休みながら作業しないと倒れちゃうから気をつけてね」と声をかけてくださる方もいて、暑さも吹き飛ぶほどの元気をいただきました。

 

お墓をキレイにできた達成感と、お墓参りの良さをあらためて感じられた一日となりました。

 

 

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年8月7日 金曜日

多治見のお墓で墓じまい工事

皆さん、こんにちは!!

石政の現場担当の大竹です。

 

先日、多治見市の共同墓地でお墓をしまわれるお客様のお墓じまいの担当をさせていただきました。

 

現在多治見から離れたところに住んでおり、なかなかお墓参りにくることもできなくなってしまったため、今回お墓じまいを決断されたとのことでした。

 

こちらのお墓は今年で建ててからちょうど10年が経ち、つい最近お墓の定期点検をしたばっかりだったので、お名前を言われた時にすぐ場所とお墓が思い浮かびました。

 

 

現場担当の話ではまだ全然新しいお墓だったので、お墓自体もお墓の基礎も頑丈に作られており、コンパクトなお墓でしたが片付けるのに苦労したとのことでした。

 

それだけ片付けるのに時間がかかったということは、施工がしっかりしていたということもありますが、それ以上にお客様が大切にお墓を使われていた証拠だなと感じました。なかなか来られないとおっしゃってましたが、実際に10年点検でも不具合がなく、少し水拭きするくらいで汚れもキレイに落ちるくらい手入れがされていました。

 

当社でも「お墓の継ぎ手がみえない」「お墓が遠方にあり管理が出来なくなるから」などの理由で、お墓じまいの仕事の依頼が増えておりますが、やはりお墓じまいが完了した後のまっさらになった墓所を見ると少しさみしい気持ちになりますね・・・

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!