岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2019年7月27日 土曜日

大雨の中のお墓調査

みなさん、こんにちは!!

石政の営業担当の佐藤裕基です。

本日は、弊社にご依頼のあったお客様のお墓の状況を確認するため、

多治見市の市営霊園にお墓の調査に行ってきました。

 

さすがに台風の影響で大雨の中、お墓に来ている人は誰一人おらず、

おそらくこの地方で今日お墓に行っているちょっと変わった人は私

だけではないでしょうか・・・笑

 

毎年台風が過ぎ去った後は、塔婆立てや墓誌が風で倒れてしまった、

倒れてきた木に当たってお墓が傾いたり倒れてしまったなどそういった

被害の方のご依頼が多く寄せられてきます。

そのため、調査に来たついでにお墓をぐるっと一周パトロールがてら

回ってきました。

 

今回の台風は風もそこまで強くなかったため、そういったお墓は一件も

見られなかったですが、皆さんには念のため次のお休みの時にでもお参

りがてらお墓を見に行かれることをオススメしております!!

 

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2019年7月25日 木曜日

お墓の防草工事

皆さん、こんにちは!!

石政の現場担当の水野です。

最近は現場の方もお盆前の時期はバタバタしており、

久しぶりの更新です。

 

昨日は、多治見市の共同墓地でお墓の防草工事を行いました。

こちらのお客様は、これからの時期にいつも草が大量に生えて

きて除草作業だけでも1日仕事になってしまうため、どうにか

したいという依頼でした。

 

工事内容は防草シートを設置し上に藻硅石を敷設するという

そこまで大変な仕事ではないのですが、なにせこちらのお客様の

お墓は広い(敷地面積約100m2、施工部分だけでも約90m2とのこと)

ので、材料の運搬をするだけで一苦労で、まして梅雨明けいきなりの

36.3℃・・・真夏の多治見のお墓仕事はまさに修練です。笑

 

倒れないように適宜休憩を入れながらなんとか予定通り完了しました。

これからの時期、お墓では体感温度は40℃をゆうに超すためなかなか

現場作業は大変ですが、お客様のために今日もまた頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2019年7月22日 月曜日

お墓の開眼供養

営業担当の佐藤裕基です。

昨日は、私が担当していたお客様の開眼供養(お墓開き)の

お手伝いをしました。

梅雨時期の法要だったのでもしかしたら雨が降ってしまうかもと

思いましたが、なんとか持ちこたえてくれて無事記録更新です!!

 

 

こちらのお墓は、インドのカラハリという石を使用しているのですが、

細目の石で少し青みを帯びており、とてもキレイな色調の石で、細目で

グレー色の白御影の石を好まれるお客様に弊社がオススメしている石種

です。

お隣に建っている五輪塔、夫婦墓とは石種が異なるのですが、それぞれ

のお墓の色合いにうまくマッチしていました。

 

開眼供養が終わった後、お客様から「サンプルで見た時は色合いが合う

か少し不安な所もありましたが、建てあがった姿を見てとても合ってい

るなと感じました。」と言っていただき、お墓のアドバイザーとして少

しずつ成長できているのかなと感じた一日となりました!!

初心を忘れず今後も日々精進してまいりたいと思います!!

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2019年7月7日 日曜日

お墓の相続・墓じまい市民講座(土岐・瑞浪)を開催しました

皆さん、こんにちは!!

営業担当の大竹です。

 

7/5(土)セラとぴあ土岐、7/6(日)瑞浪市地域交流センターときわにて、お墓の相続・墓じまい市民講座を開催し、土岐では19名、瑞浪では12名の方が出席されました。

 

今回の講座は、先週社長が多治見で行った時と同様に、多様化する供養の方法についてや、墓じまい(改装)の手続きの手順や方法を具体的な事例を挙げながら、説明させていただきました。

 

久々の講演で少し緊張してしまい、途中若干言葉に詰まる場面や早口になってしまう場面もございましたが、参加された皆様には色々な話が聞けて参考になりましたというお声もいただき、少しは皆様のお役に立てたのかなと感じました。

 

多治見の時は午前、午後の2回開催しましたが、土岐、瑞浪は会場の都合上午後の1回のみであったため、時間の都合がつかず参加できなかった方もおみえだと思います。

 

そういった方の中で「話を聞きたい・少し相談にのって欲しい」という方がみえましたらは弊社の無料相談窓口にぜひ一度ご連絡ください!!お墓のプロである弊社担当員が皆様のお悩みを一緒に解決させていただきます。

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2019年7月5日 金曜日

法華経不断読誦会及び歓喜天浴油祈願

皆さん こんにちは

石政の代表 佐藤豊です。

 

先日、懇意にしているお寺さまで「法華経不断読誦会及び歓喜天浴油祈願」があったので参加してきました。

略して、この「不断経」とは日頃は長くて唱える事の出来難い経典を代わる代わる交代で途切れることなく読み上げて読破する事を言うそうです。一般的には「大般若経」や「法華経」などの長い経典を108時間交代で読誦し続けることで「先亡諸精霊への廻向」「願望成就の祈願」「懺悔積徳の修行」など、大きな功徳が得られるそうです。

年に一度、この頃に行われますが、今年で3年目の参加です。

昼間は仕事で出られないので、毎回真夜中が担当時間で、今年は午前2時から1時間と午前4時から1時間受け持ちました。

ここは真言宗のお寺なので中央に護摩を焚く場所が有り、その奥にお不動様がお見えになります。

真夜中、ひとりで、灯明の明かりしかない中、無心に木魚をたたき、内容など全然分からない法華経を唱えていると、ふっと意識が飛ぶ事が有ります。これが「不断経ハイ」なんでしょうね。

ある人は、誰もいないはずのお堂の中に誰かが近くまで寄ってきた。という人もいます。

不幸か幸いか、私はお墓の仕事をしていて日常他人の火葬骨を触ったり、夜暗くなってからお墓へ行ったりもしますが、そういうたぐいの物は見た事が有りません。

父親が若くして亡くなっているので、たまには出てきたら昔の話でも聞きたいと思っているのに残念です。

恐山のイタコさんにでも口寄せしてもらおうかな。

そんなわけで、真夜中から明け方までお経づくしの一晩を過ごし、帰る時には爽やかな朝日が昇っていました。

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

12