岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2020年2月5日 水曜日

多様化する「お墓」のかたち

皆さん、こんにちは!!

石政の営業担当の佐藤裕基です。

先日、お墓のことで調べものをしていたら、少し変わった「お墓」の特集があったので、少しお話させていただきたいと思います。

 

こちらなんだと思いますか?一見ガラスボトルのインテリアのように見えますが、実はこの中に遺骨が入っているそうです。

 

説明によると遺骨の一部を滅菌処理し、ガラス玉に入れて加工をし、色鮮やかなプリザーブドフラワーやドライフラワー、特別な液体とともにガラスボトルに詰めるそうです。(いわゆる手元供養の一種なのかなと思います。)

 

今はお墓(供養)のかたちも多様化し、従来の石塔のお墓だけでなく、永代供養墓、樹木葬、納骨堂、海洋散骨、宇宙葬・・・など様々なものがあります。もちろん手元供養ということも選択肢のひとつだと思います。

 

なんとなくこれを「お墓」と呼ぶにはなんとなく違和感を感じてしまいましたが、供養の選択肢としてはこれもまたそのうちのひとつなのかなと感じました。

 

お墓は何のために建てるのでしょうか?皆さんにとってお墓とはどんな場所でしょうか?

遺骨の収納場所、遺骨を自然に帰す場所、故人が生きたあかし、故人が成仏するための場所・・・色々あると思います。

 

故人のためやご先祖様のためということもありますが、私はお墓は残された家族のために建てるのだと思います。

お墓をつくる(お墓に葬る)ことで、大切な人を亡くし悲しみでふさぎ込んでいた人が一歩また前へ踏み出せる、残された家族がお墓参りをすることで家族の絆を確信する、はるかご先祖様から何代も続いてきた中で、今、自分が奇跡的に生かされていることを実感する、そんなことを感じる場所なのかなと思います。

 

これからの時代、さらに色々なお墓(供養)の選択肢が増えてくるかと思います。どうしたらいいかと迷われた時は、ぜひ一度ご相談してみてください。話してみることで変わることや気付くことがあるのかなと思いますのでぜひそのお手伝いをさせていただければと思います。

 

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2019年8月14日 水曜日

お墓じまいの申請手続きサポート

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

先日、弊社にお墓じまいの工事を依頼された方の申請手続きのお手伝い

をさせていただきました。

今回のお客様は、現在海外で暮らしてみえるので多治見はおろか日本に

帰ってくるのも不定期なので、帰ってきた時にすべて済ませておきたい

が、長期で滞在できるわけではないので、お墓じまいの工事から始ま

り、申請の仕方や手順、書類の書き方、手続きの代行、遺骨の納骨まで

弊社でお手伝いをして欲しいとのことでした。

 

今回の申請手続きで少し手間であったのは、今回のお客様が市営霊園に

お墓を建てられており、お墓じまい(改葬)の申請をされる方と現在の

お墓の使用者(名義人)の方が違っていたため、申請書を提出する前に

まず使用者の変更をしなければいけなかったことです。

 

使用者を変更するには、使用権承継届というものと一緒に住民票や戸籍

謄本が必要になります。要するに、変更届に使用者と継承者の関係性が

わかる書類を添付する必要があるのです。

(ちなみに地域ごとにある共同墓地などでは、もともと使用者の申請と

いったことがされていない所もあるので、そういった墓地では上記の手

続きが必要ない場合もあります。)

 

その後の流れとしては使用権承継届が受理されて使用者の変更が完了し

た後に、改装許可申請書という書類を提出します。こちらは地域に

よって違うのですが、今回のケースの多治見市では、他墓所に移動する

遺骨の数分(埋葬されている方の人数分)申請書を記載する必要があり

ます。このあたりの地域では、骨壺でなくさらしの骨袋に遺骨を入れて

埋葬する習慣であるので、昭和以前に納骨されていた方がみえた場合で

も、遺骨が残っていない場合が多くその場合は、遺骨がないため申請書

の提出も不要となる場合が多いです。(場合によっては提出を要求され

る場合もございます。)

 

今回はお墓には3名の方が埋葬されていたため、申請書も3枚記入してい

ただきました。そして、遺骨を新しく納骨するお墓の管理者から受入

証明書を発行してもらいます。

 

分かりやすく言いますと改装(墓じまい)申請するということは、

「これだけの方が埋葬されています」という証明と、「ちゃんとその方

達を受け入れますよ」という2つの証明がないと認められないということ

です。

なので、改装許可申請書には埋蔵証明書と受入証明書という2つの証明書

を添付しなければならないんですね。

 

市営霊園の場合、埋蔵証明書は使用許可証と一体になっているか、

もしなっていない場合でも市の方で発行してもらえます。その後改装

許可申請書が受理され、改装許可証が発行されたらそこではじめて工事

に着手できるようになります。

お墓じまいの手続きの大まかな流れはこのような感じです。

 

 

こちらが今回墓じまいされるお墓なのですが、数年前に弊社にて昔の

お墓の建直しをさせていただきました。建ててから年月が経っています

が、よくお手入れがされており、とてもキレイな状態でした。お客様

曰く家族みんながこのお墓に思い入れがあり、とても気に入っていた

お墓だったそうです。

 

供養に携わっている我々からすると、お客様のことを想い建てた

お墓を、自らの手で無くしてしまうというのはなんだか少しさみ

しい気持ちではありますが、何もしないまま時が過ぎ、気付いた

時には無縁墓になってしまっていたということはもっとさみしく

悲しいことであると思います。

 

ですので、皆様も気付いた時には時すでに遅しとならないため

にも、早いうちからご家族でお墓のことについてもお話していた

だければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2019年4月3日 水曜日

リメンバーミー

皆さん、こんにちは!!

営業担当の裕基です。

先日、社長が展示会で購入してきた小包?が届きしばらく放置して

あったので、何かと気になりあけてみました。

 

 

中に入っていた説明書には「死者の日セット」と書かれていました。

こちらのグッズは、ある会社さんがお墓参りに対する皆様の意識を

もっと高めていきたいという目的のもと作成した「お墓詣で」プロ

ジェクトの一環で作成したグッズのようです。

 

死者の日とは、ラテンアメリカ諸国における祝日のひとつで、死者の日

には家族や友人達が集い、故人への想いを馳せて語り合う日だそうで、

一昨年にディズニー映画の題材となり話題となりました。

それを知り海外でも故人を思い、敬う気持ちは世界共通なのだなと感じ

ました。

 

社長は忘れっぽいのでこのグッズの存在も少し忘れてきているのでは…笑

このまま眠らせるのはもったいないので、中身を出して店頭にでも飾り

たいなと思います。

興味のある方は是非一度ご覧ください!!

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2019年3月8日 金曜日

お墓の定期点検

皆さん、こんにちは!!

営業担当の裕基です。

昨日は、石政でお墓を建てていただいた方の定期点検をしに

多治見の市営霊園に行ってきました。

 

今回点検させていただいた方は、皆さんこまめにお参りに来てみえる

のか、お手入れがしっかりとなされていましたが、1つある方のお墓

で気になる状態が見受けられました。

 

下の石の角の部分が白っぽくなっているのが、お分かりでしょうか。

こちらは、石が塩分を含んだ水を吸い込み、石の表面に塩分が残り

白っぽくなり、磨きが取れて石が傷ついているのです。

 

お客様の中には、雑草対策として塩や除草剤などを撒いてしまう方が

みえるのですが、そういった成分を含んだ水を石が吸い込んでしまうと

今回のように石が劣化してしまうのです。

 

夏の暑い時期の草抜きは苦行ではありますが、除草剤などは使わず、

ご先祖様のためと思い、草抜きをしていただきたいと思います。

それでもやはりという方は、石政で防草工事のご提案もできますので、

ぜひ一度ご相談ください。

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2019年2月24日 日曜日

初めてのおつかい

皆さん、こんにちは!!

営業担当の裕基です。

昨日は、お墓の周りに敷設するソーケイ(たしか洗珪という漢字だっ

たと思います)という石を購入しに、恵那にある採掘場まで行ってき

ました。

 

このソーケイというのは、白色の10㎜程度の石で、皆さんの周りでは

神社の境内の参道周りに撒いてあったり、ご家庭のお庭などで使われ

ている石です。

お墓では、墓所内は玉砂利を使うことが多いのですが、玉砂利は少し

お値段がかかるため、お墓の敷地が広い方などは、代わりに使われた

り、墓所内(舞台)は玉石を使い、その周り(踊り場)にはソーケイ

を使われるという方も見えます。

 

採掘場の中は、ソーケイから砂まで多くの種類があり、粒度によっても

分けられていました。この時点でもう迷子です。

 

こちらが現在石政で取り扱っているソーケイの種類です。

粒度の違いや、少し錆が付いている違いなどで5種類ほど

並べております。

 

お墓だけでなく、ご家庭の庭などに少し撒きたいという方に

少量での販売、お庭に撒く際のお手伝いもしておりますので、

気になる方はぜひ一度お立ち寄りください!!

(ちなみに、下の方に少し写っているミニチュアの灯籠も販売

しております。)

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

12