岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2022年2月28日 月曜日

多治見のお墓でお墓づくり(多治見市高田町)

皆さん、こんにちは!
営業担当の佐藤裕基です。

今回は先日完成した、多治見市の共同墓地でお墓づくりをご紹介したいと思います。

こちらのお客様は、お寺の住職のご紹介で弊社の事を知り、ご依頼いただけたそうです。ご縁に感謝ですね。


こちらが着工前の写真です。今年13回忌を迎えるお子様の供養をしてあげたいというご依頼だったため、水子地蔵を建てて供養する事をおすすめしました。また今後代々のお墓も建てられるとのことだったので、外柵(お墓の外回りの石)も一緒につくることとなりました。


まず初めに外柵の基礎部分のコンクリートを打設します。




基礎コンクリートが十分に固まったら、その上に外柵、水子地蔵を据え付けていきます。今回お骨を納骨されるとのことでしたので、水子地蔵の下には納骨用のカロート(石棺・納骨スペース)を設置してあります。




最後に防草シートを敷設し、その上に玉砂利を敷設して完成です。

先週末が法事だったそうで、無事納骨も終えられたと聞き一安心です。
今後もより良いお墓づくりをしていきたいと思います!

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2022年2月27日 日曜日

お社台座のリフォーム工事(多治見市虎渓町)

皆さん、こんにちは!
現場担当の佐藤です。

先日、多治見市の駅前近くでお社の台座のリフォーム工事を行いました。


こちらが工事前の写真です。今回台座部分のブロックが古くなってきていたため、そちらを新しく作り直す作業を行いました。


まず初めに今あるブロックを取り壊し、新しく据えるブロックの下に基礎コンクリートを打設します。




基礎コンクリートが十分に固まったら、その上に新しいブロックを据え付けていきます。ブロックを据え付け終わった後は、最上段とその下の段にお社がすわる部分の天板石を据え付けていきます。


最後に、歩道からお社の正面までお参りしやすくするために土間コンクリートを打設します。

この後、天板石の上にお社を据え付けていきますが私達の役目はここまでで、ここから先は工務店さんにバトンタッチです。

最終的にどのような仕上がりになるのかは、またすべて完成した後に追ってご報告したいと思います!!

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2022年2月25日 金曜日

多治見のお寺で石工事④(多治見市虎渓山町)

皆さん、こんにちは!
営業担当の佐藤裕基です。

先日に引き続き、お寺の境内地でのスロープ工事の続きをご紹介したいと思います。




スロープの側壁石張りが完了した後は、スロープの笠石の据付け工事を行います。笠石にはずれ止めの心棒を入れる仕様だったので、現地で心棒を入れるための穴あけ加工を行いました。こちらもスロープの勾配に合わせて石のラインがずれないように水糸で通りを見ながら一枚ずつ張り付けていきます。

次回は笠石工事の完成状況とスロープ踏面の石張り工事の状況をお伝えしたいと思います!!

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2022年2月24日 木曜日

多治見のお寺で石工事③(多治見市虎渓山町)

皆さん、こんにちは!
営業担当の佐藤裕基です。

先日に引き続き、お寺の境内地でのスロープ工事の続きをご紹介したいと思います。






階段石の据付が終わった後は、スロープの側壁部分の石張り工事を行いました。石張りは乾式工法というやり方で施工をしています。(詳しくは「石張り 乾式工法」などで検索してみてください)スロープの勾配に合わせて石のラインがずれないように水糸で通りを見ながら一枚ずつ張り付けていきます。

コンクリートの躯体だけの時は無機質な景観でしたが、石を張るだけでイメージがだいぶ変わった感じがしますね!

次回はスロープの笠石工事からお伝えしたいと思います!!

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2022年2月23日 水曜日

多治見のお寺で石工事②(多治見市虎渓山町)

皆さん、こんにちは!
営業担当の佐藤裕基です。

お寺の境内地でのスロープ工事の続きをご紹介したいと思います。


工事の最初は階段石の据付から行いました。スロープ部分とは別に階段の部分もあり、そちらも今回石を使う仕様となっていました。この階段部分がすべての高さの基準となってくるため、普段の石工事は許容差が割とある方なのですが、今回はミリ単位の精度が求められました。


階段の側壁部分の石の据付けが終わった後は踏み面の石を据え付けていきます。こちらも段差が均等になるように高さを逐一確認しながら据え付けていきます。

次回はスロープの側壁工事からお伝えしたいと思います!!

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!