岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2020年6月7日 日曜日

お墓の開眼供養

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

 

本日、私が担当していたお客様の開眼供養(お墓開き)のお手伝いをさせていただきました。

本日もいつもながら、とてもいい天気となり開眼日和となりました。これでまた無事、開眼の日に雨の降らない記録更新です!!

 

こちらのお墓は、茨城県の真壁小目という石を使用しているのですが、真壁小目石は白色または薄青、薄黒を帯びた白色をしており硬質で吸水率も低く、研磨すると光沢に優れており光沢の持続性も極めて良いため墓石材として最適といわれています。

 

このあたりの地域ではあまり使用されませんが、関東方面では良く使用される石で、建築材としては日本銀行、国会議事堂、皇居、東京駅、天皇陵などに使用されたほか、墓石としては福沢諭吉、山本五十六、井上馨、力道山などのお墓にも使用されています。

 

開眼供養が終わった後、お客様から「色々としていただいた上、法要の準備までしていただきありがとうございました。」とお褒めの言葉をいただきました。

 

やはり開眼に立ち会う度にいつも、「この仕事をやっていてよかったな」と感じますね!!

これからもよいお墓づくりをしていきたいと思います。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年6月1日 月曜日

写経の功徳 ~お写経をしてみませんか?~

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

最近デスクワークが続いていたせいか、集中力が続かない日が続いていたため、弊社でお客様におすすめしている写経を書いてみることにしました。

 

写経とは、文字の通り「仏教のお経を書写する」ことで、以下のような功徳があるといわれています。

 

・心にゆとりができる ・集中力が高まる ・忍耐力がつく

・教養に自信がつく ・姿勢が良くなる

・人相が良くなり美人になる ・家庭が円満になる

 

最後の2つに関しては、本当に!?と思ってしまいますよね。笑

 

弊社ではお手本を下にして、上からなぞるタイプのものをお渡ししているので初めての方でも簡単に始められます。

 

その使い方は、

1. 仕事や雑用などを済ませて、集中できる環境を整えます

2. 集中できる姿勢を作り、写経用紙の下にお手本を重ね、動かないようにクリップなどで固定します。

3. 心を落ち着け筆ペンなどでお手本をなぞります。間違えても捨てずに、間違えた文字に斜線を引き正しい文字を横に書きます。

4. 写経が書けたら「為書」を書きます。(写経を何の為に書いたかを記すもので、亡くなった故人のためなら故人の戒名を書いてその下に供養と書きます。)

5. 最後に書いた人の名前と、写経を書いた日付を書いて、一巻完了です。

 

書いてみると意外と時間がかかり、なぞるだけですが私は書き終わるのに一時間くらいかかりました。

普段雑音や雑用などでこれだけの時間集中して何かをするという事が少ないため、書き終わるとなんだかスッキリした気分になりました。

 

さわやかな夏風が気持ちいい季節なのに、気持ちがどんよりする話題ばかり。そんな時にはぜひ、お写経をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!