岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2021年8月15日 日曜日

お墓えらびで注目するポイントとは・・・

皆さん、こんにちは!!
営業担当の佐藤裕基です。

今年は記録的な大雨でなかなか外に出れない状況ですが、例年ならこの時期にはお盆休みということで、お墓参りに行かれる方も多く、お墓について少し考えられる時期だと思います。

そこで今回は、これからお墓を建てられる方、お墓の引越しをお考えの方に注目していただきたい、お墓の場所選びのポイントについてお話したいと思います。

歳を取っても通うことができるか


山の上にある所だと上まで登っていくのも困難になり、車でしか行けず何時間もかかる所だと車が運転できなくなってしまった時に、お墓にたどり着くために時間とお金を浪費してしまうことになります。

通うことが億劫になってしまうと、お参りに行く回数が減り後にお参りする人がいなくなり、結果無縁墓になってしまう可能性もあります。

歩いて行けるところであれば最高ですが、そうでなくても公共交通機関を含め交通の便がいい場所を選ばれると良いかと思います。


お墓の通路の幅はどれくらいあるか


人1人が横向きにならず通行できる最低の幅が60㎝、両手で物などを持って通行する場合は80㎝以上が理想とされています。またこのあたりの地域ではほとんどないですがバリアフリーになっていると車椅子の方もお参りに行けて使い勝手がいいですね。

狭い通路をかき分けてお参りに行く大変さは、上記同様お墓離れにつながる可能性がありますので、通路の幅がどれくらいあるか、また通路の舗装の状態はどうかなどもチェックされると良いかと思います。


階段の踏面、高さはどれくらいあるか


お年を召された方や小さなお子さんが登りやすい段差は16㎝以下、踏面は30㎝以上が理想とされています。それ以上でも登れないことはありませんが、つまづいて転倒する危険性が高まります。

墓地に階段や段差がある時には、高さがどれくらいあるのか、また段差が少し高い場合でも手すりなどの補助があるかどうかをチェックされると良いかと思います。


水道があるか、お参り道具が常備してあるか


お墓参りをする際にかかせないお水、だいたい2リットルのペットボトル1本くらい持っていけばお花の水やり、拭き掃除含めて事足りると思いますが、わざわざお家から持っていくのは一苦労です。

墓地に水道が引いてあるか、また桶や柄杓などお参り道具が常備してあるかもチェックされると良いかと思います。



どんなに立派なお墓が建ったとしても、誰もお参りに来てくれないお墓ではご先祖様も報われません。

お墓のデザインや石の種類なども重要ですが、お参りのしやすさというものもお墓選びの基準のひとつとして覚えておいていただければと思います。











岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2021年8月11日 水曜日

お墓のギモン ~永代使用料ってなぁに?~

皆さん、こんにちは!!
営業担当の佐藤裕基です。

先日、お墓の相談会でお客様から「墓地を購入するのに永代使用料○○円と言われたのですが、この永代使用料とはなんのお金なんですか?」という質問がありました。

今回皆さんも墓地を購入する際に疑問に思われ、意外とよくわかっていなかったかもしれないこの「永代使用料」についてお話をしたいと思います。

永代使用料はなんのお金なの?


永代使用料というものは、墓地の管理者に支払うお金で、「墓地を永代的に使用するために必要な費用」です。

注意していただきたいのが、あくまで「使用権を購入」しただけですので、土地自体はご自身のものではなく墓地の管理者のものになります。


永代供養料はなんのお金なの?


似たような言葉で永代供養料というものがあるのですが、こちらは永代供養墓などをご契約する際に出てくる項目で、「自分達でできなくなった供養を、寺社などに代わりにおこなってもらう費用」です。

この永代はいつまでのことなの?と思われるかもしれませんが、「供養をしてもらうその寺社が続く限り」と考えていただければ良いと思います。

購入した墓地を誰かに譲ることはできるの?


上でもお伝えした通り、墓地を使用する権利を得ただけで土地自体はあくまで墓地管理者のものですので、その権利を後継者などに継承することはできますが、金銭が発生するような売買もできません。また墓地が不要になった時には墓地管理者の許可なく他人に権利を譲るということもできません。

このあたりが相談会などでお話を聞いていると、勘違いされている方が多いようです。聞きなれない言葉が多く出てくるお墓のこと、仏事のこと、疑問に思った時にはぜひ一度ご相談ください。






岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2021年7月30日 金曜日

お墓づくりの設計のお仕事

皆さん、こんにちは!!
営業担当の佐藤裕基です。

今日は1日事務所のパソコンとにらめっこをしながら、お墓づくりに携わる設計の仕事を行いました。この設計の仕事がお墓づくりの中で一番楽しく、そして一番大変な仕事なんです。

仕事の内容としては、簡単に言うとお客様のご要望を墓石の設計ソフトを使用して図示していき、何パターンかデザインを検討します。

以前この墓石設計ソフトをご紹介した頃は、入社したてで全然使い方が分かりませんでしたが、今ではもう慣れたもので、図面を書くだけこれくらいなら5分~10分くらいで描けちゃいます!!笑


今回のお客様のお墓のデザインのご要望は、ざっとこんな感じでした。

1. 墓石の下の土台の石は高さを出したい。
2. 玉垣と柱(お墓の周りの石で、お家で言うと塀と門柱のようなものです)を付けたい。
3. 石碑は今すでに建っている周りのお墓の中で、変にならないようにしたい。


しかし、上の写真はお客様のご要望をそのまま図示したものですが、使い勝手の面から言うと、

1. お参りする時に、土台の石が高くて登れないので下でお参りする形になるが、お花立や線香立てまでおそらく手が届かない。(上に登れない=石碑が掃除できない)
2. 玉垣と柱があることで、閉塞感が生まれ窮屈なお墓の印象を受けてしまう。
3. 周りのお墓に合わせて石碑を9寸+蓮華台の形にしたが、おそらく高すぎて上の方の掃除ができない。

※登れないというのは、将来お歳を召された時に登れなくなる可能性が高いという意味です。

と言った弊害が出る恐れがあります。


今ではネットで何でも調べられる時代なので和型、洋型などお墓のデザインの事や、石の色や目合いなど石の種類の事などはお客様もよく勉強されていますが、こういったお参りしやすいお墓の条件はどういったものかという事については知らない方が多く、なかなかお客様のご要望だけを反映していると、後々弊害が出てきてしまうこともあります。


お墓はずっと末代まで使っていただくものですので、デザインの好みや石の好みはもちろんのこと、使い勝手の面も考慮してお墓づくりをご検討されることを弊社ではおすすめしています。


岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2021年7月26日 月曜日

お骨のパウダー化(粉骨化)作業

皆さん、こんにちは!!
営業担当の佐藤裕基です。

先日、弊社の工場内にてお骨のパウダー化(粉骨化)の作業をしました。

パウダー化と聞いて、「何のために?」「どうやってやるの?」などピンとこない方が大半だと思いますが、今回は弊社が管理代行をさせていたただいている、樹木葬「生田やすらぎ霊縁」に納骨するための専用骨壺にお骨を移しかえるために行いました。

元々右の5寸骨壺(直径約15㎝)に入っていたお骨が、パウダー化することにより左の3寸骨壺(直径約9㎝)の半分くらいまで体積が小さくなります。

弊社の場合は専用の骨壺に移しかえるためでしたが、その他には散骨したりするためにもパウダー化することが必要になります。

私達専門家にとっては当たり前の事も、お客様にお話すると「そんなことできるんだ」と意外と知られていないことが多いので、これからも情報発信を続けていければと思います。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2021年7月23日 金曜日

お墓のギモン ~エフロレッセンスってなぁに?~

皆さん、こんにちは!!
営業担当の佐藤裕基です。

先日石政ブログで話題に上がった「エフロレッセンス」について今日は詳しくお話したいと思います。

エフロレッセンスてなぁに?


先日のブログでもお話しましたが、エフロレッセンス(以下エフロ)は、コンクリート中の水酸化カルシウム(Ca(OH)2)が水に溶けて石の表面に滲み出し、空気中の炭酸ガス(Co2)と反応することで炭酸カルシウム(CaCO3)ができ、これが乾燥して水分が蒸発し結晶化したものです。白い花のように見えることから白華とも呼ばれます。

これは1年を通していつも起こるわけではなく、冬の寒い時期に雨や雪が降った時だとか、少し肌寒い梅雨の時期などに起こることがあるそうです。


お墓の石にはどんな影響があるの?


表面に出てきたエフロ自体はスクレーパーなどで削り取れるので特に問題はないのですが、これが石の内部で起こる場合が問題があります。これをサブフロレッセンス(以下サブフロ)と言い、このサブは地下の、隠れたという意味です。

石の内部の微細な隙間の中でエフロになり、体積が膨張することで石の表面を押すようにして壊してしまうといったことが起きてしまうと、修繕するのには石を磨き直したりしないといけなくなるため、手間も費用もかかってしまい取り返しがつかなくなってしまいます。


エフロレッセンスが出ないための対応策はあるの?


エフロレッセンスが出ないように(出にくくする)するための対応策は3つあります。

1つ目は、寒い時期に出やすいので、施工時期をできるだけ暖かい時期に行うということです。これは法事の予定など納期が決まっている場合もあるので、そういった場合には難しい対応策となります。

2つ目はできるだけコンクリートやモルタルを使わない施工をするということです。こちらもお墓だけでなく一般的な構造物にはコンクリートがどこかしらで使われているので、なかなか難しいですが、お墓の場合では、補強や接着部分はボンド施工をできるだけ行う(乾式施工)ことなどにより、使用料は減らせることもあります。

3つ目は水の排水を良くすることです。お墓などは屋外にあるためどうしても雨水が浸透してきて内部に水分が溜まってくるのですが、この水分を上手く排水できる構造にしてあげることで、反応を少しでも抑えることができます。


今ではお墓でも当たり前に使われているコンクリートやモルタル、長く残っていくお墓にとっても施工の上で必要不可欠な存在であるので、その性質を理解し、悪影響を及ばさないようにこれからも設計や施工をしていきたいと思います。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!