岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2020年5月28日 木曜日

マスクの寄付

みなさん こんにちは

石政佐藤石材の代表 佐藤豊です。

猛威をふるっている新型コロナウィルス感染症も緊急事態宣言が解除となり、多治見市内でもマスクをかけないで出歩いて人が見かけられるようになりました。

弊社ではお客様との商談時や営業時にマスクは欠かせないので、石材関係の商社さんにお願いして中国から仕入れています。知り合いのケアマネージャーさんからも頼まれて今回は7000枚のマスクを仕入れました。

先日の新聞で多治見市の社会福祉協議会さんがマスク不足で困っているという記事が出ていたのを思い出して、仕入れたうちから1000枚を寄付する事にしてお届けに行ってきました。

後ろにあるのが、不要なマスクを回収するパンダポストです。

社会福祉協議会さんは比較的ご高齢者さんとお会いする事が多いのでかなり気を使ってみえます。私どもも高齢者さんとお会いする事が多いので気をつけて接客などしていきたいと思います。

早くコロナが終息してマスク無しの生活が出来るようになりたいものです。

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年5月26日 火曜日

多治見のお墓でリフォーム工事

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

 

本日は、先日完了した私が担当していたお客様のリフォーム工事のご紹介をさせていただきたいと思います。

 

こちらが着工前の写真です。初めは将来どうなるか分からないので今のうちに片付けられるものは片付けて草が生えないように全面コンクリートを打ちたいというお話でしたが、打合せを重ねるうちに、今あるお墓をキレイにしたいという思いに変わられたそうで、右側の方の2基のみ片付けて、残りは巻石(お墓のまわりの石)をつけて墓石を据え直すリフォームをすることになりました。

 

 

工事の流れとしては、まず今のお墓を一度解体し、石積みが少し強度的に心配だったため、石積みの裏側にコンクリートを打設して補強をしました。

 

 

その後巻石(まわりの石)を据え付け耐震ボンドと補強金具で固定し、墓石の基礎コンクリートを打設します。今回は防草のため、また強度的な面から巻石内前面に基礎コンクリートを打設しました。

 

 

最後に基礎の上に墓石を据え付けて完成です。最近のお墓と違い昔は手加工のみでの加工だったため、今と比べると石と石の接合面がまっすぐでないことが多いため、今回は接着が十分な強度になるまで写真のようにガッチャベルト?(正式名称はなんですかね?)で固定をしながら据え付けていきました。

 

広いお墓なので墓石の数が減り、少しさっぱりした感じもありますが、とてもキレイになりました。

 

これからもリフォーム工事を含め、よりよいお墓づくりをしていきたいと思います。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年5月20日 水曜日

お墓のギモン ~永代供養墓ってなあに?~

皆さん、こんにちは!!

営業担当の佐藤裕基です。

 

このブログでは色んなトピックで石政の活動内容をご報告しています。このトピックでは他業界から何も分からないまま石屋に入った私が、皆さんも普段感じているであろうお墓のギモンを一緒に考えたいと思います。今回は多治見の市営霊園にもできるという話が上がっている永代供養墓についてお話したいと思います。

 

そもそも永代供養とは?

永代供養とは、お墓参りをしてくれる人がいない、また管理することができない方に代わって、寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法を指します。ただ「永代」といっても、「未来永劫」という意味ではなく、遺骨の安置期間が一定の期間設けられ、その期間が過ぎるもしくは管理料を払うことができなくなったら、合祀墓に他の遺骨と一緒に供養されるという形式が多いようです。(皆様は永代供養といえばこの合祀墓をイメージされる方が多いのではないでしょうか。)またこれも決まりなどはなく、様々な形式があるそうです。

 

永代供養墓の形式にはどんなものがあるの?

永代供養墓には屋内型と屋外型があり、屋内型はお墓のマンションのような稼働収納型やロッカー型などいわゆる「納骨堂」と呼ばれるタイプのものです。また、屋外型は、大きく分けて納骨檀型(個人ごとに施設に遺骨を安置)、納骨塔型(塔の地下に遺骨を納める)、合祀型(遺骨をまとめて埋葬する)の3つがあり、安置の方法は、ずっと個別で供養される場合や、一定期間個別で供養された後に合祀される場合や、はじめから合祀される場合など、上で申した通り、管理されている寺院等によってまちまちです。

 

多治見にできる市営の永代供養墓は、先日出ていた新聞の記事によると、一定期間個別で供養されてその後合祀されるという形式だそうですね。もしかするといきなり合祀にもできるのかもしれないですが、まだ具体的な内容は公開されていないので、今後の情報を要チェックですね!!

 

永代供養墓と終活

最近は、「終活」という言葉を目にする機会が増え、早い時期から自らの「死」に向き合われている方が多くみえます。お墓に関して特に最近では、「お墓のことで、子供たちに負担をかけたくない」という声を多く聞くようになりました。

 

現在供養の形も様々で、伝統的なお墓や上記に挙げた永代供養墓、樹木葬に散骨、はたまた宇宙葬など供養のかたちが多様化している時代でもあります。その中で後悔しないために、ご自身で決断される前に、一度ご家族や親戚の方々と話し合っていただき、誰もが納得できる供養のかたちを選択して欲しいと思います。遺骨を合祀してしまった後に、やはり個別で供養してあげられる方法を選べば良かったと思っても、その時に遺骨を戻すことはできません。

 

供養のことでお悩みがありましたら、いつでも供養の専門家である私達石政のスタッフに一度ご相談ください。

 

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年5月18日 月曜日

多治見のお墓で新設工事

皆さん、こんにちは!!

石政の営業担当の大竹です。

先日私が担当した、多治見市の市営霊園にあるお墓のお墓じまいと共同墓地の新設工事のお話をさせていただきたいと思います。

 

 

まずは市営霊園のお墓じまいですが、こちらのお客様は亡くなられたご主人のご姉弟の嫁ぎ先のお墓がもうすでに面倒を見られる方がいなくなってしまったため、今回ご自分の家のお墓を新しく建てる際に、姉弟で一緒に入れてあげたいということで今あるお墓をしまわれる決断をされました。

 

市営霊園の改葬手続きで名義変更などが普段より少し手間ではありましたが、そちらも私が一緒に行って手続きのお手伝いをさせていただきました。

 

 

 

 

 

新しく建てる方のお墓ですが、数年前に弊社で外柵(お墓の周りの石)を作らせていただいていたので、今回はその上にお墓の本体を据え付ける作業だけでした。

 

いつも通りお墓の基礎コンクリートを施工し、その上に墓石、付属品、それにプラスして今回はペットのお墓(お墓の入り口付近右側の小さなお墓)を耐震ボンドを使って据付け、入り口部分に石張りを施して完成です。

 

今回はそばにカニクレーンを設置できたため、据付けも比較的スムーズに行うことができました。

 

最近、開眼供養(お墓びらき)当日に雨に降られることが多いため、今回はすがすがしい五月晴れで当日を迎えたいものです。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!

2020年5月13日 水曜日

お墓の新設工事

皆さん、こんにちは!!

石政の現場担当の水野です。

先日、土岐市の共同墓地でお墓の新設工事を行いました。

 

まずいつも通り基礎砕石、鉄筋配筋、基礎コンクリート打設の順で墓石の基礎工事を行います。今回はすでに外柵(お墓のまわりの石)が設置してあったので、そちらの工事はありませんでした。

 

 

 

次に石碑と墓誌を据え付けて周りに防草シートを敷設し、玉砂利を敷いて完成です。

今回はそばにカニクレーンを設置できたため、据付けも比較的スムーズに行うことができました。

 

これからどんどん気温が上がり本格的な多治見の夏がやってきますが、熱中症にならないように気を付けながら引き続き安全作業で頑張りたいと思います。

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

お墓豆知識は「マイタウンとうと」のページをご覧ください!